上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夕方から夜にかけて参拝する伏見稲荷は最高でした

千本鳥居

清瀧社周辺、こういう雰囲気がたまりません


御釼社周辺、撮影に当たっては拝礼と御賽銭を納めております
スポンサーサイト

テーマ : 雑記 - ジャンル : 日記

アレとか書いておきながらもう3日も放置してる自分はどうかと思いつつこんにちわ
前のエントリのルーターは無事到着し、早速実践投入されています。すこぶる快調で言うことがありません。
で、アレですよアレ

ソフマップ日本橋2号店で購入

まあスレの中でもチラホラ話題になっていたコレ。13年の時を越えて帰ってきたSFCの名作クロノトリガー!
20代前半の我々の世代が直撃世代らしいこのゲーム、自分的には生まれて初めて買ったRPGという思い出の一品です。当時は猿のように周回を重ねてステータスやアイテムをカンストまで持っていくという不毛なことをしていた覚えが……
ゲームミュージックやスタッフ、ゲーム会社などに興味を示すオタクの基礎素養を植え付けられるきっかけになった作品でもあります。光田康典サウンドには今でもどっぷりで、今回の購入のきっかけも予約特典でエキストラサウンドトラックが付くからだったりします。

プレイ雑感としては非常に丁寧な移植かと。
SFC版に近いレスポンスも確保されておりサクサク進めていくことができます。以前友人宅でちょろんとやらせてもらったPS版の酷いレスポンスと比べると雲泥の差と言えましょう。雰囲気、音楽、演出ともちゃんと再現されているので一安心。(音楽に関しては光田氏も参加してSFC音源を再現することを目指されたそうとか)途中PS版準拠のムービーが流れますがこれもお好みで省略もできるなど、ユーザーの細かい要求に応えられる様になっており、快適なプレイ環境を実現できます。

一方でDS特有の操作性とは相性が悪いようで、今ひとつ魅力を感じない、ぶっちゃけ使いにくい印象を受けます。メニューショートカットはまだ便利と言えますが、戦闘時の操作に関しては絶対にクラシックモードをオススメ。表示領域が狭まるものの背に腹は代えられません。
あと、個人的にOPのゲームデモをカットしないで欲しかった。ゲームの雰囲気を楽しむのであればムービーの遥か上を行くゲームデモだったのに……!

追加要素に関してはまだ開拓できていないのが現状です。もう少し物語を進めてから手を付けようかと思ってます。
暇なはずなのに時間が無いのは何ででしょうねえ……?

テーマ : ニンテンドーDS - ジャンル : ゲーム

冬の冷え込みが厳しい今日この頃皆様いかがお過ごし?

さて昨日の4時取り後、就寝直前になってぶっつりとネットから断絶する事件が起きました。
原因を探ってみるとルーター(プラネックス・BRL-04FMX)がトラブってる模様でPPPoE接続が出来ていないのはもちろん、ブラウザから設定画面にすらたどり着けない有様に。電源落としたり、リセットを行ってもウンともスンとも言わないまま。とりあえず棚を引っ繰り返して説明書を引っ張り出し、IP電話用のVoIPアダプタで何とかネットワークを復旧したものの、その後のテストでも芳しい反応が返ってこないルーターちゃん。何とか復帰しても2、3時間で再び沈黙してしまう姿に寿命を悟らざるをえませんでした。

大学に入学した年に買ったものなので3年半、帰省とか色々で実働は3年とちょっとって感じでしょうか。激しい実況を支えてくれた彼女(?)に感謝したいと思います……


さて、ネットワーク環境をいつまでもVoIPアダプタに頼るわけにはいきません。ポート開閉ができなかったり、LANの接続口が1つしかなくてWii・DS用の無線LAN環境が死んでるなど結構不便なことが多いので新しいルーターを導入することにしました。

実況終了後は延々と情報収集。毎度のことですがこうやって選んでる時が一番楽しい時間ですわな。悩んだ末に結局Sofmap.comでバッファローのWZR-AGL300NHを注文。
最安値はAmazonなんですが、3年保障と塩漬けになってるポイントの処理の一環としてですね……四国にはソフマップ無いんだよなあorz

高機能な無線LANとギガビットイーサ、最近話題のWEP併存環境(ぶっちゃけDS専用)下でのセキュリティが決め手となりました。実際これらの機能は今の環境では殆ど意味無いんですが、実家に帰ってからのネットワークの中心として運用するつもりなので、これくらいのスペックが必要とみての先行投資です。多分思惑通りには機能しないけどね!

そして今日はアレの発売日ですよアレの。アレのためにこの注文のポイントを上手く調整したという無駄な努力をしていた自分を褒めてやれるだろうか、いや褒めたくない。
と言うことで、11時頃日本橋で見かけても華麗にスルーしてやってください。

テーマ : 周辺機器 - ジャンル : コンピュータ

霊夢×紫でノーコンテニュークリア達成!

よーやく一人目のExtra到達キャラだ……orz
序盤でミスしたり、道中で事故るなどクリアには程遠い展開だったにも関わらず、攻略できたのは無理をしてでも残機の欠片を集めた点に尽きますな。全部回収すれば10機のエクステンドが狙えるわけですから、ボムを多用してでも回収にしていく事がノーコンテニュークリア達成するには必要な要素だと思います。あとやっぱり抱え落ちは駄目ゼッタイ!

個人的な攻略のポイントはお燐が4面5面中ボス時も5面ボス時も、かなりピチュりやすい攻撃を繰り出してくるのでクリア目的だけなら徹底したボム攻勢で回避していく点でしょうか(もちろん避けられるに越したことは無いけれど)6面ボスはお燐と比べると素直な弾幕が多いので、5面さえ越えればどのキャラでも何とかなりそうな感触がしてます。

とりあえずにとりでノーコンテニューしてからExtraを地道に練習していきましょうかね……
来週にはクロノトリガーDSが発売されるのでまた攻略速度が落ちそうなヨカーン(´・ω・`)

テーマ : 東方プロジェクト - ジャンル : ゲーム

うおおおおおっしゃああああああああああああああ!
ようやく地霊殿ノーマルクリアキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!




……6面1コンテニューでorz




Extraを解禁するにはノーコンテニュー、1コインクリアが条件なワケで……ほとんど意味無し、トホホ。

ちなみに初クリアは魔理沙×にとりの防御重視型ペアでした。このペアだと殲滅力には劣りますが、シンプルなショットと、「オプティカルカモフラージュ」(ボム)でスペルカード耐久ができますから、とりあえずボムという流れでライフの欠片を取りこぼさずに進めることが出来ます。エクステンドしやすく生存力にかけては全キャラ全装備で随一ですから、スペカ習得とスコアは別としてクリア目的だけなら評判以上に使えるペアかと。ええ、まあほとんど受け売りなんですけどね。

今のところ霊夢×紫と魔理沙×にとりでstage4ボスのさとりまではノーミス・残機6前後で進められるようになりました。前者に関しては上手くすればstage5ボスのお燐までノーミス・残機8で進められるときがあります。問題はそこから。お燐に関しては通常3の弾幕と『旧地獄の針山』が全くのお手上げ状態。1回ミスると集中力が切れちゃうんで連続ミスしがちになってしまいます。結果stage6は残機4から2で挑むことになり大変厳しい。お燐と比べれば通常攻撃がぬるいstage6ボスの空だが、見たこともないサイズの核融合弾がキツイ。特に一番最初の『ニュークリアフュージョン』は解法が分かっても腕がついて行かず、終盤の『地獄極楽メルトダウン』はそもそも解法が全く分からないのでどうにもこうにもなりません。ボムボムボムくらいの勢いで。

他キャラはと言うと中々厳しい。
使いやすいと思ってた魔理沙×パチュリーですが、切り替えが下手糞なのと攻撃範囲の調整が難しく、未だにお燐の姿を拝んだことが無いという体たらく。アリスはボムが、射命丸はサブショットの扱いがまだまだ厳しいです。紫とにとりに続きそうなのが萃香。甘いとは言えホーミング弾+割と長時間展開できるボムのおかげで何とか空までは行けますから、後は安定性さえあればクリアを狙えるのでは……練習ですね、はい。

続きを読む »

テーマ : 東方プロジェクト - ジャンル : ゲーム

NHKの番組って面白いですよね。バラエティやドラマに今ひとつ興味が持てない自分はニュース9から日付が変わるまでNHKに合わせっぱなしの時が結構あります。で、月曜日はNHKスペシャルの日。生まれたときからネット環境がある『デジタルネイティブ』という若者についての特集でした。また新しい用語ができてる……(NHKが作ったワケではないらしいですよ)と思ったんですけど、まあ世代間の差異を強調するにはそういう言葉を作る方が分かりやすいからですかね。

デジタルネイティブとはどんな人たちかと申しますと、上記の様な物心付いたときからネットの環境が存在する若者の世代で、
1.現実とネットの区別をしない
2.情報コストは無料だと考える
3.年齢肩書き職種などにとらわれない

という3つの特徴を持っているとされているそうです。
これに従えばネットにどっぷりとは言え普及開始時に小学生で、始めたのが中学3年の春だった自分はネイティブじゃないんですね。某所で言われてた言葉を借りるとすれば「デジタル移民」とかですか?(これもちょっと違う気がするけど)

このようなデジタルネイティブの若者達は物怖じすることなくネットに露出し、ネット上の人々とネット上で完結したコミュニケーションを取りながら、事業であったりNPO活動を展開しており、現実の世界にも影響を与えている、と言うのが大体の要約です。

個人的には世代間よりはその人がネットで最もよく触れた文化の影響が大きな差異を産むように感じています。ネットを存分に利用している世代にしても、匿名掲示板でネットのいろはを学びコテハンを名乗ることですら恐ろしいと調教された教育された我々と、顔出し上等なニコニコ・Mixi住人とではネットに対するスタンスがかなり違いますし(更にパソ通を経験した方々との差異も存在するはず……自分は利用したことがないため把握できませんが)。いや、でもその文化が流行した時代によって触れる文化というものは変わるから、やっぱり世代間の差異って表現が出来るのかな?

番組としては、そういった差異よりも行動力の方に目が行ってしまう構成だったように思います。まあ事業やら団体活動に関わってる人を中心に取り上げてたのと、実況してたところの自虐プレイに当てられた結果ですが……(+自分の現状)
結局どの文化を、どのコミュニケーションツールを背景にしたにしろ、行動を起こさねば物事は変わらんわけですよ。ネイティブの人たちはそれがネットを舞台としてるだけで、やってることはこれまでの人々と何にも変わってない。彼らのやり方は今は奇特に見えますが文化の変化というものは得てしてそういうものでしょうし、番組の雰囲気の様に特別視する必要は無いって事でいいんじゃないでしょうか。

世界には必ずどこかに「今作られつつある部分」がある
最初はぶさいくに見えるだろうが
新しい力はいつもそういうものなのだ (衛藤ヒロユキ『魔法陣グルグル』第9巻26Pより)

この台詞で綺麗にまとまりませんか、まとまらないかorz

テーマ : NHK - ジャンル : テレビ・ラジオ

灼眼のシャナXⅦキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
本当に、本当に1年ぶりの本編が載った新刊17巻です。アニメ2期の間に予想された続刊が1冊も出ず、そのあとも短編集が1冊出たのみで明らかに発刊ペースが落ちてきているところが気になるところですが、何はともあれ本編が進んだことは喜ばしい限り。

灼眼のシャナ 17灼眼のシャナ 17
(2008/11/10)
高橋 弥七郎

商品詳細を見る


以下ネタバレですので未読の方は注意。

続きを読む »

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 小説・文学

こないだ紅楼夢行ったのでやる気を取り戻して地霊殿攻略中。
実況までの時間や4時取りまでの時間を使ってちまちまと修行しております。時期は霊夢x紫の安定ペア。
4時直前にようやくお燐乗り越えてstage6とそのボスとごたいめーん。

無理!コンテニュー3機で倒すのなんてorz

ちなみにstage5の時点でコンテニューが入ってます。ノーコンテニューの1コインクリアなんて夢のまた夢ですよ……
でもまあコンテニューした状態(残機2)でStage6にたどり着けたと言うことは、お燐を含めたstage5は2機で何とか抜けられるって事か。そう考えれば結構前途に光が見えるような見えないような。

とりあえずカンを取り戻しながら11月中に攻略できるように頑張ろう(`・ω・´)

テーマ : 東方プロジェクト - ジャンル : ゲーム

前の記事からがっつり2週間以上経っちゃいましたよ。これはまた冬眠状態に陥る危機!って言うかこの筆無精何とかなりませんかねえ。おかげで連続して同人イベントの記事になってしまった……

さて去年も行って参りました関西最大の東方オンリーイベント『東方紅楼夢』。今年も11月2日に京都は左京区の『京都市勧業館・みやこめっせ』で第4回の紅楼夢が開催されました。東方projectのオンリーイベントとしては東京で開催される博麗神社例大祭に次ぐ大規模なイベントです。去年の記事の段階では殆ど経験の無かった同人イベントも大分慣れてきました。人間失敗を経験して成長するって本当なんですね、先生!
ゲームの攻略具合と言えば去年とあんまり変わってません……orz いや、受験勉強でゲームする暇無かったんだって!地霊殿難しすぎてノーマル5面で挫折しっぱなしとかそういう根も葉もある噂なんてありませんよ!?

まあ、その話題は置いておいて、東方と言えば相変わらず同人界隈では一大勢力を維持している模様です。9月に参加したこみトレでも東方関連のスペースは最大派閥でしたし、参加は不可能なのにカタログだけ買っておいたコミコミのカタログでも相当数のサークルが参加されておりました。実家に転がっていた4年ほど前の虎通でも取り扱いジャンルでトップクラスだった事を確認しております。ジャンルとしての勢いが何故これほど継続しているかは他の記事に譲るとして、巨大ジャンルとしての弊害が数多く見られるのもまた事実です。巨大ジャンルの一派は何らかの形で批判の的となることはこれまでの歴史を見ての通り。それに加え近年のファン拡大の起爆剤となった某動画サイトからのマナーを欠く住人流入(もちろんまともなファンが殆どでしょうが)と、それによる旧来のファンとの軋轢摩擦とネガティブな話題には事欠きません。その1つの象徴として5月に開催された例大祭の混乱が挙げられる事が多い様です。詳しくはググるなりして調べていただくとして、まあ大規模なイベントとして紅楼夢でもトラブルが起きるのではないかと危惧されておりました。

当日、アニメシャワーを後半だけ実況し4時取りの後サークルチェック。一応絶対に抑えておきたいサークルに関しては事前に調べておいたんですが、その他については殆ど見てなかったのでざーっと調べました。身なりを整え、装備品を確認し、7時前に出発。おけいはんの特急に乗る頃にはちらほらと臨戦態勢の方々が……去年より30分早い8時半前後にみやこめっせへ到着。この時点で会場前の広場には既に列が数列形成されておりました。話に聞くとこの時点で早朝組は建物内に隔離されお説教とペナルティが課せられていたとか何とか。

開場は11時の予定でしたが、3Fと地下1Fという変則会場による内部調整の影響からか20分遅れての開場に。それなりに良い位置からスタートさせてもらったので一直線にお目当てのサークルへGO。この時点では中央通路も快適だったので困ることなく移動が出来てスムーズに行動出来てましたね。ちなみに今回は以前同じくみやこめっせで開催されたイベントで会ったCCOの装備を存分に参考にさせていただきました。硬貨も両替して靴下に入れて振り回せば鈍器と認めらそうな量を用意。これだけで購入の効率がグンと向上、ちょっとの工夫が世界を変える正に「カイゼン」ですよ!

開場1時間後には最優先サークルの本は確保できたので新規開拓モードに。混雑状態もこの時間帯が最高潮でした。3Fから地下1Fへは一方通行状態で降りるに降りられず、サークルの方の方からその時点ではまだまだ待機列が解消していないというお話も。この辺りから中央通路こみトレ以上の混雑っぷりでまともに動くことができません。両脇のブロックでには長蛇の列でテンションと共に人口密度はうなぎのぼりの状態。財布はあっと言う間にブラックジャックからひのきのぼうに、攻撃力下がりすぎだ!

人の流れが緩やかになってくる後半になると完売サークルが目立ちます。比較対象が少ないので何とも言えませんが他のイベントより全体の売れ行きは良かったように感じます。同人活動を始めるならオンリーイベントから、という話も聞いたことがありますし、ジャンルが絞られると買い手としても購買欲を底上げされるのでしょうかね。まあ自分も財布の軽さを自覚するまではノリノリで本を選んでましたし、一種の催眠状態ですなアレは。

15時02分、心配されていた大トラブルもなく無事紅楼夢終了。
片付けがあってアフターイベントへ突入……人多っ!?
あのだだっ広い展示場の三分の一を占める人数が参加していました。ざっと見ても1000人以上は確実にいたような。内容はお馴染みじゃんけん大会なんですが、人数が多いから全然減らない。少なくとも6回は勝利しないと獲得決戦まで手が届きません。
そんな高難度の大会でなんと1枚色紙Get!
1人で色紙48枚の大盤振る舞いをしてくださったサークルさんがいらっしゃり、その1枚の獲得に成功したという次第で。非常に嬉しい出来事なんですが、残念ながらどのサークルさんからの提供品だったのか失念してしまい直接御礼を述べることができません。この場をもって、御礼申し上げます、ありがとうございました!


ずらっと並べてみましたスケブといただいた色紙
まとめの前に恒例の戦利品をずらっと。
実はこの記事を書いてる時点でまだ半分しか読めてません。学祭の手伝いとかしてたら読む時間が……早く読みたいので手っ取り早くまとめましょう。

上記で心配していた大きなトラブルが紅楼夢で起こらなかったことは大変良かったことだと思います。混み具合・イベントの濃度などはこみトレなどと比べても十分満足できる水準だったように感じました。一方でやはり細かいマナー問題はそれなりに存在しているようで、これからもこの問題は東方というジャンルに限らずイベントではついて回ることになるのでしょう。時間をかけてコツコツとマナー向上を図っていくしかない問題ですな。
個人的な問題としては来年以降の参加をどうするかな、と。関西圏からの参加なら気軽に参加できますが、今度は四国からの参加になりますからねえ。それ以前に仕事柄この辺りでちゃんと休みが休みになっているかどうか、かなり心配なのが正直なところ……他のイベントにも言えることですが参加できなくてorzという状況だけは避けられる様にしなければ。こみトレで出会ったアニ関民の先達の様に目的のために全力を尽くすあの行動力&実行力を磨いていく必要があるようです。

それでは参加者・サークルの皆様、運営に尽力されたスタッフの皆様、本当にお疲れ様でした!

テーマ : 東方プロジェクト - ジャンル : ゲーム

powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。