上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さあ、年の瀬も迫って参りました。
クリスマス後、明石姫路方面への旅行に行ったり、部屋の掃除をやったりした後、昨日無事帰省することに成功。
さあ、のんびりできると思いきやがっちり年越し準備の要員としていろいろ手伝うことに……。しかも元旦は元旦で朝から地元の行事に駆り出される事が決定済み。あれ、全然のんびりできないよ、これー!?

まあ、それはそれとして、今年最後と言うこともありまして、双葉がやってるように今年見たアニメを振り返ってみることに。
とりあえず年内放送分でちゃんと見ていたアニメは以下の通り。

(コードギアス 反逆のルルーシュ 天保異聞 妖奇士 史上最強の弟子ケンイチ 地獄少女 二籠) ひまわりっ!! Master of Epic The Animation Age 銀河鉄道物語~永遠への分岐点~ ひだまりスケッチ 天元突破グレンラガン アイドルマスター XENOGLOSSIA DARKER THAN BLACK -黒の契約者- ひとひら 桃華月憚 瀬戸の花嫁 神曲奏界ポリフォニカ sola らき☆すた ロミオ×ジュリエット 大江戸ロケット ななついろ★ドロップス ゼロの使い魔~双月の騎士~ さよなら絶望先生 ぽてまよ モノノ怪 スケッチブック ~full color's~ 灼眼のシャナⅡ みなみけ げんしけん2 獣神演武 CLANNAD‐クラナド‐ もやしもん しおんの王
(()内は昨年スタートなので選考からは外す)

実況民にしては案外少ないなあ。見ただけのアニメならさらに増えるのですが、毎週見てストーリーを追っかけていたのはこんなものに。実況廃人の皆々様方はいったい何本フォローしてるんだろうか……

さてこの中からトップ5を選びたいと思います。本当はトップ10しようかと思ったのですが、この本数で10本選ぶのはちょっと無理でしたorz

5位 sola
久弥はどこへ行った?を覆す久弥直樹原案作品。
春の作品ながら今年のベストオブ能登なのは間違いない。最初のテンションと終盤のテンションが一部食い違う感があったけれども綺麗にまとめていた様に感じました。雨の長崎など舞台設定や背景もグッド!

4位 CLANNAD‐クラナド‐(風子編)

下半期作品で唯一のランクイン。
鍵信者としてはもはや感無量。あれだけで今期終了と言っても自分は文句を言わなかったかもしれない。らき☆すたに関しては賛否があるようだけども、原作の雰囲気を崩さず昇華させる手腕については、今年も京アニの右に出るモノはいなかった。これからの「ことみ編」についても期待しておきましょう。

3位 ひだまりスケッチ
ほのぼの日常系の名作が数多く出た様に感じる今年ですが、その中でも一つ頭出てたのはやはりこの作品。1週間で荒んだ心を癒してくれる彼女らの日常、こんな高校生活を(ryは言いっこなしですぜ!?
百合っぽくない作品だけれど、その中で適度に百合成分を補給してくれていたのも嬉しいところです。実況の坊主sを生み出したのもこのアニメ。OPEDも大好きで、4月末のNHKのアニソン祭りの時、放送終了後みんなで涙したのも懐かしい思い出です。
そして2期「ひだまりスケッチ×365」制作決定に感動した住人も多いはず。今後も楽しみな作品といえましょう。


2位 DARKER THAN BLACK -黒の契約者-
大人気のうちに放送を終えたギアス枠の後番組ということもあり、初回の評価は散々なものがあったこの作品。しかしこの作品はジワジワと効いてくる良さを持っていた!
最初は味気ないメンツにしか見えなかった黒さん達。しかし回を重ねれば重ねるほど見えてくる「契約者よりも契約者らしく」いようとして「人間よりも人間らしい」かった黒さんと、それぞれに色々な心の内を抱えていた契約者達。
感情の無い(とされていた)まま任務を粛々とこなす契約者やドール、それを追う人間達と背後に渦巻く組織の影。大仰な設定の割にテーマとしては割と普遍的なものを扱っているのですが、その料理の仕方が非常に丁寧でクオリティの高いドラマが展開されていたところを高く評価したいと思います。


1位 瀬戸の花嫁
「アニメを楽しめる」という意味で今年最も輝いていたのはこの作品。
最初は地元贔屓で視聴を始めたのですが序盤であっという間に瀬戸内を離れてしまってなんだかなー……
しかしそれは甘かった、今なら言える、間違いなく甘かった。磯野八中編が始まってゾクゾクと登場人物が揃ってくるのに伴い、物語のテンションは天井知らずの上昇を始める事に。ルナ結婚式編で上り詰めたと思いきや、三河&明乃を加えた修学旅行編以降もその勢いを落とすことなく最終回まで走りきってくれました。ブレーキがぶっ壊れた中でもキャラクター一人一人が生き生きと描かれていたのが2クール飽きさせなかった要因だったと思います。

最初は軟弱なエロゲ的主人公の典型だった満潮永澄。
しかし物語を通して彼は周囲に振り回されつつもその男気を磨いていくことになりました。王道的展開とはいえ、いやだからこそ中坊・永澄は「任侠」を背負わせるに足る漢(おとこ)へと成長することができたのでしょう。

ツンデレ・ヤンデレの粗製濫造でいまいち印象深いヒロインがいない昨今、珍しい純情一本気のヒロイン瀬戸燦。
内助の功以上に永澄の支えとして、時には永澄以上に漢らしい任侠道を見せつけてくれました。永澄となし崩し的に婚約を結ぶことになってしまいましたが、彼女を通して成長した永澄であれば彼女を任せることもできるでしょう、ねえ豪三郎さん?え無理ってぎゃああああああああ

最も好感を抱いた主人公&ヒロインはこの二人なのはもちろんのこと、脇役の面々も素晴らしかったのは言うまでもありません。が、それを書き出すと全く文章にまとまりが無くなってしまうので涙ながらカット。
2期をやるという情報がありますが、原作ファンからグダグダ展開を恐れる声もちらほらと。その辺りどのようにまとめ上げてくれるのか注目していきましょう。

風林火山の総集編を見ながらちょろんっと(鶴屋さん風に)まとめるつもりだったのですが、すげー長くなっちゃったよorz
実はまだ書き足りない事が結構あるのですが、そろそろまとめないと飯が食えないので……

今年一年ご愛顧ありがとうございました。
ろくに更新しない駄目blogですが、どうか来年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。