上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一押しアーエルごめんなさい、画質よくないっすorz
『化けた』とする一派が確実に存在する(存在すると信じたい)シムーン。
2クール作品なので、今回の改編は乗り切る模様ですが、はてさて折り返し地点はどのようになるのでしょうか?


昔はいたいけな少女違和感が……
辺境探索任務に就いているコール・テンペストに船にやたらもっさいオッサン達が乗ってきました。
本当に女性しか出さないつもりらしく、女性声優が当ててるのがミソ。
好みは分かれるんだろうなぁ、後このオッサンも元女の子か……Σ(゚д゚lll)

黒幕候補筆頭ユン様党なるモノが存在するらしいエロ台詞を……なわけがない
何か作戦のために協力することになったようで、黒いなぁ、ドミ様。
みんなが嫌がる中、フロエだけが、物怖じせず近づいていったり、耳元で囁いたりって工エエェェ(´д`)ェェエエ工
辺境の街を嶺国から取り戻すのが今回の作戦内容。
シヴィラ達は部隊の輸送に駆り出されることとなり、彼女たちのシムーンは……

シムーン輸送モデルかっこわるい~
この有様(ノ∀`)アチャー
このシーンのモリナスとワポーリフはかわええ。
二人は出来てるのかと思いきや、シムーンフェチで話題が合うだけだそうで残念。

すっかり姑、むしろ独身女性の言いぐさロングのボクっこって珍しくない?恋人にありがちなネタ
何かもうエプロン姿の方がデフォルトになりつつあるマミーナ。愚痴ですかw
ユン様はフロエ達を見て何か思うところがあるご様子。
まあ、これだけベタベタされたらねぇ。

バックで「頭痛い」ぶー
フロエは彼の事がお好きらしい、文句を言われるならシヴュラを止めるとまで言い出しました。
結構オープンで明け透けなのね。
ここでアイキャッチ。「頭痛い」ってご苦労様です、パラ様w
シムーンは綺麗な一枚絵でいいなぁ。

んふ~死亡フラグが立った積極的
夜のデッキで逢い引き。
べったり引っ付くフロエ、チキショー('A`)
マスティフはこの少女に好意は持っているけど、信仰心(と言う名の誤魔化し)でしか支えれない自分との間で葛藤しているのでしょう。
戦争にも疑問を持っている彼、それを守ろうとする巫女、うーん背徳な関係なはずだけど、やたらにさわやかな二人です。

既にラブラブ正当なパルちらっ
作戦前のブリーフィングでこんなにべったりしてても文句言われないってのも凄いなぁ。
そして、いざ出撃。キスして出るわけですが、恋する巫女さんはちょっと躊躇いがあるようで。
ちなみにここでの会話には各キャラの特徴が出てました。
どうしてドミ様はリモネ(能登)にご執心なんだろう?

( ゚д゚)ポカーン銃にも丸い部分があるのね微妙にデザインが違うシムーン
兵士を降ろして撤退しようとしたところ、照明弾が打ち上げられる。
奇襲は筒抜けだったようで、待ち伏せされていたと言うことか!
コール・テンペストはおっさん達の救援へ向かいます。

撃てない……きょろきょろ
リモネは躊躇いなく機銃を掃射し、カイエは人が見えているため撃つことが出来ない状態。
幼児の残虐性と言いますか、人命の重さについてまだ認識が甘いのか、ドミ様が目を付けてるのはこういう点でしょうか?
フロエは彼のことが心配で全く任務を果たせません。

漫画みたいなコマ割司令部ごと街が爆砕
圧倒的不利の戦局を覆すために、リ・マージョンを使うアーエル達。
威力がありすぎて味方を巻き込んでしまうとは、核兵器に通じるモノがあるかも知れません。
結局、『鉄のリ・マージョン』で街ごと敵司令部を消し飛ばしてしまいました。
兵器としてのシムーンとシヴュラが前面に出されつつあるということでしょうかね。

それでも私は……悪魔だ……
フロエは彼を守る決意の上でこれを使ったわけですが、彼はそう捉えませんでした。
一瞬で多くの敵を殺し(恐らく味方も巻き込んでいる)、なおかつ彼の故郷を消し去ってしまった事実を直接見ることで、彼の心は折れてしまったのでしょう。
「シムーンは悪魔だ」と、呟いて。

この妹はレズっ気シャワーシーン来る?「兄と弟」では締まりが悪い
次回は百合姉妹のお話。


何か非常に重い終わり方。
死亡フラグが立っているように思われる以上、あの二人にはハッピーエンドは無いのかも。
ここまで見てて思ったのは戦略兵器として使うべきシムーンが、こうもバンバンと攻撃に利用されている状況こそが戦争を長引かせている原因なのではないかなぁ、と思わなくは無いです。
ここまでの圧倒的兵器の差があったらばあっさりと降服するか、無謀な戦争を続けていくか、の二つでしょうからねぇ。
まあ宗教国家vs宗教国家の匂いがあるため、信仰の名の下に引けなくなってる気配もアリアリですが。


後、シムーンの人気が微妙な理由ですが、この意見が参考になりました。

597 名前:LIVEの名無しさん 投稿日:2006/06/18(日) 04:31:22.05 ID:ofVV6do8
>>591
ぼうよみっ!のようにネタキャラが欲しいところだな。
キャラデザはどっちも悪くないと思う。

599 名前:LIVEの名無しさん 投稿日:2006/06/18(日) 04:31:54.17 ID:xvlHX18I
>>591
さっきはあんなこと書いたけど
実際シムーンは面白いと思うよ。
色々余計なことして損してるとも思うけど。

603 名前:LIVEの名無しさん 投稿日:2006/06/18(日) 04:33:12.84 ID:MpVLWlCS
>>599
多方面に触手を伸ばそうとして色々やりすぎたのがシムーン
伸ばそうとしたけど結局何もしなかったのがガラ艦

色々やりすぎて薄くなってて、インパクトに欠くってのが原因ですかね。
1話の時点で造語(ほとんど横文字)の嵐だったってのも大きいかも。
アニメ版シャナみたいに、それなりに説明を挟んでいけば、まだ取っつきやすそうに思えすが、結局ここまで梨のつぶてで来てますしねぇ。

私ですか?
(゚~゚)
これのためだけに見てたらはまってた口です(゚~゚)
スポンサーサイト

テーマ : アニメの感想・キャプ - ジャンル : アニメ・コミック

見続ける事が難しい?

製作してるDEENのオリジナル新作なので、作品内で色々「試して」?いるのは、ある程度仕方ないのかもしれません。(もっともアニメであれゲームやその他の事であれ、新しい何かを試みる事が、あまり理解されないという寂しい世の中ではありますが)

引用されていた「意見」の中で、「~のように、ネタキャラが欲しいところだな」って言うのを見ると、例えば「タクティカルロア」の様に、ネタ(記号)キャラによる「キャラ立ち」で話を進めるアニメならともかくも、ドラマ性重視で話を進めようとしている様に思える「シムーン」に、そういう感想発想を持つ事は返って逆効果って考えないのかな~とも思いますね…

放映されるアニメが多くて、視聴者がその数についていけないから、どれを見るか選択のふるいにかけるのは仕方のない事なんですが、ある程度前から、視聴者の質って低いのがより低くなってない?と思える様な事がしばしばあります。(かといって私の視聴者としての質が高いわけでもなんでもないですが)
2006/06/18 20:21 |通りすがり #d6kDX6QwURL[ 編集 ]

難しい提言ありがとうございました

>>新しい試み
確かに現状では受けづらいところはあります。
現状ではスポンサーも視聴者も欲しがってるのは、それなりのコストでそれなりの売り上げと人気が出る商品ですから。
そういう観点から行くとやはり原作付きは強い、安定していると言えるのでしょうね。
シムーンをはじめとしたオリジナル作品は一発がつんとインパクトが欲しいところなのですが……

>>逆効果って考えないのかな~とも思いますね…
ドラマ性重視で進めるとは言え、やはりシムーンの登場人物もアニメ的な「記号化されたキャラクター」で出来ていると思います。
この辺、作り手と受け手で『送り出したいモノ』と『期待されているモノ』の微妙なズレがあるのかもしれません。
受け手としては「キャラクター」としての彼女たちの動きへの期待を結構な割合で心に抱いています。
しかし、作り手側としてはドラマ性に重きを置こうとすると、それは切らざるを得ない、表立っては入れられない、もしくは入っていない状況が生まれる。
期待が外れた視聴者は、自分のニーズを満たす作品へ流れ、離れていく。
こんな状況が生まれているのかな、と感じました。
>>視聴者の質って低いのがより低くなってない?と思える様な事
この点に関しては、自分こそがぬるくて浅いオタクなので何とも言えないです……
こういう流れが日本中いたる所、いたるモノに見られる現象って辺りが色々と問題なのかもしれませんねぇ。
2006/06/20 17:19 |深識 #-URL編集 ]

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シムーン 第11話感想

 シムーンのお絵描き、楽しいです・・・。

今日の「シムーン」11話。

フロエは余裕があると言うより何も考えてないだけだろ、と思いつつ。

シムーン 第11話

サブタイトル「共同戦線」  武骨な陸軍兵士たちがメッシスに乗り込んできた。  コール・テンペストは、彼らとの共同作戦を言い渡される。

シムーン 第11話「共同戦線」

・シムーン 第11話「共同戦線」先週放送分で左のお下げを断髪したロードレアモンさん、残った右も切り落としてショートにしてしまいました。嗚呼、ますますキャラの見分けがつかなくなっていく。新規視聴者の錯乱ぶりが目に浮かびます。さてテンペスト隊の乗り込む母艦に、

レビュー・評価:Simoun シムーン/第11話 共同戦線

品質評価 17 / 萌え評価 76 / 燃え評価 17 / ギャグ評価 23 / シリアス評価 47 / お色気評価 41 / 総合評価 40レビュー数 17 件 宮国の陸軍部隊を護送することになったコール・テンペスト。ずかずかとメッシスに乗り込んでくる兵士たちに戸惑う一同だが、フロエだけは楽しそ
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。