上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
残すところあと2話の灼眼のシャナ第23話
今日はあらゆる事がうまくいかないという久々の大厄日でテンションだだ下がりの状態です。あーもうやってらんない……

前回の引きから、零時迷子を抜き取られてしまった悠二。
ミステスは宝具を抜かれると消滅するのかどうか、と言う設定厨的議論は非常に興味があるところですが、贄殿遮那のミステスなどの雰囲気を見るとそれが消滅のキーになってるわけではなさそう、ってのが個人的見解。
それはさておき、零時迷子を失ってしまえば悠二はただのトーチです。ここまでの出来事で異様に存在の力の量が増えてはおりますが、所詮はトーチ。自ら注ぎ足すことはできず、使い果たせば消滅してしまう運命……
しかし今の彼はコレまでの彼ではありません。フレイムヘイズ顔負けの鋭敏な感覚に加え策士的才能を開花し、肉体的にはシャナに、自在法はマージョリーに鍛えられたという、一端の戦士としての坂井悠二が……ってちょっと強くなりすぎじゃね?まあ終盤だからこそ、ですな。
彼は単身、歪に変形された時計塔へ零時迷子を取り戻しに乗り込んでいきます。ああ、かっこよくなっちゃったなあ悠二。

零時迷子を抜き取って何に使うのか、青い封絶モドキの正体は、暴君との関係は?
その全てを語ってくれたのは久々に登場にして、今日の台詞の何割かを一人で持っていってくれた教授こと“探耽求究”ダンタリオン。
いや今回は教授独演会すぎるwまあ素晴らし過ぎるあらゆる面で教授の本領発揮だったと言えましょう。ただし台詞回しが特徴的すぎて普通に聞いてるだけじゃ何が言いたいのかさっぱり分からない。

まあこの教授の発言で今回の作戦の概要が見えてきた。
すなわち
一期ラストで御崎市を満たした莫大な力の塊『存在の泉』
原作で示されアニメではヘカテーが近衛史菜で行った『感情の採集』
これまた原作からそれらの感情を連結し仮装意志総体(頭脳)を形成する『暴君』
そして存在の力を一定に保持させ続けるための心臓(?)『零時迷子』(+大命詩篇の核らしい)
それらを組み合わせることで目指すモノは「この世界での徒の誕生」
教授が命名して曰く『傲の立像』


はーなるほど。
「原作で明かされていないモノを除く1期2期の伏線を全部片付ける」とはこういうことですか。確かに揃っていた伏線でまとめにはいるとすればこういう形になりますわな。しかもこれは懐かしい、2年ほど前(原作13巻か12巻のころ)シャナスレで予想されてたラスボス候補の一つじゃねーかw
つまり真っ当なラスボスを引っ張ってきてくれたわけですが、どうしてだろうこの釈然としない気持ちは……個人的な事情を越えて結構ガッカリしてる自分がいる。そういわざるを得ない。
まあコレはコレで綺麗にまとめるつもりなんだろうけれども、やっぱりアレを見たかったわけで。もし、3期に繋げるのであれば別に今回この形でまとめる必要はあったのか、無かったんじゃないかなあなんて、思うわけですよ。まあ愚痴にしかなりませんがね!


あ、そういえば『大命詩篇』も組み込んでるんだっけ、そしたらば、やっぱりあの巨体の中身はあの方になるんだろうか……

さて今回は殆どおまけ状態だったその他外野の皆様。
シャナはちょっと慌てすぎ、ボンネットを踏み越されたドライバーの運命が気になります。悠二と闘う、悠二と一緒、にと悠二ありきの気持ちが前面に出すぎてる感もあります。……は!もしやこれはなんぞのフラグなのか、そうなのか!?

吉田さんは宝具『ヒラルダ』を通してヨーハンのメッセンジャーに。もうこういう展開になると彼女の出番・立ち位置はこれくらいしかない、それを彼女自身も理解したところが終わりを感じさせます。

マージョリー・佐藤はもう立派な親分子分です。姐さんにいたっては自らの身を囮にするなど信頼関係がいつの間にやら。シュドナイの剛槍『神鉄如意』でぶっ叩かれ瀕死か気絶か、とりあえず死んではないので安心(?)してください。
ヴィルヘルミナは凄く影が薄かった。前回までで存在の力を使い果たしてしまったか!?(出番的な意味で)

そしてバル・マスケサイドは将軍シュドナイ・巫女ヘカテー・雇われ技術顧問の教授(+助手ドミノ)の三者。教授は別にしてヘカテーと揃ってガチバトルとはロリコンシュドナイは歓喜にむせび泣いてるのでは……
そして何故か参加していないのは参謀ベルペオル、その部下フェコルー。この二人は御崎市におらず本拠地にいるようですが、これは何かまだ残された伏線……なんだろうか。

いよいよ残すところ後1回。どう綺麗にまとめてくれるかだけが気がかりです。
そして前回の結末にあったあの発表。覚えていますか皆さん?
今回もその手の発表があるや無しや、これには相当期待しているのですが、果たして!?
スポンサーサイト

テーマ : 灼眼のシャナⅡ - ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

灼眼のシャナ? #23「危難の胎動」

変態教授は決して自重しないのか! 最終回前なのに見所がこれに思えてしまうww では灼眼のシャナ2感想です。 灼眼のシャナII 第III巻(2008/...

灼眼のシャナ? 第23話『危難の胎動』

灼眼のシャナ

灼眼のシャナII 第23話

教授ことダンタリオンが超ハイテンションで、自らの計画を雄弁に語る話。 今までのことはすべて計画通りらしく、ただ凄いの一言です(笑)。 またしても凄まじいスケールで大変なことが起こってしまいましたね。 悠二は零時迷子を奪われればただのトーチ、存在の力の...
パズライズ日記 2008/03/21 07:10

灼眼のシャナ? 第23話「危難の胎動」

いきなり零時迷子をとられる悠二 あっさりすぎる・・・ シャナ達が助けにこないってことは進入が難しいと悠二は考える 今回も冷静な判...
二次元の世界ッ! 2008/03/21 11:02

灼眼のシャナII 第23話「危難の胎動」

灼眼のシャナIIの第23話を見ました。第23話 危難の胎動『取られた、零時迷子が…』「あるべき場所へ。目覚めよ」仮装舞踏会の三柱臣が一柱ヘカテーはその目前に悠二から奪い取った零時迷子を置き、大杖『トライゴン』の錫杖を鳴らそうとしていた。御崎市に突如現れた、こ...
MAGI☆の日記 2008/03/21 11:49

灼眼のシャナ? 第23話「危難の胎動」

ヘカテーの奇襲により悠二は零時迷子を奪われてしまう。 ダンタリンオンにロリコン野郎、こんにちはそして自重しろwww
ネギズ 2008/03/21 11:57

灼眼のシャナ?

第23話 「危難の胎動」  ホームページからあらすじ・・・ 御崎市に突如現れた、この世のものではない“殻”。その中に悠二の存在を感じた...

灼眼のシャナ? 第23話「危難の胎動」

悠二の中から零時迷子を抜き取ったヘカテーは、それを“暴君”の中に送った? ここで久しぶりに教授が出て来たけどさ、五月蝿いよな教授は(...

灼眼のシャナSecond第23話危難の胎動

「御崎市に現れた殻に閉じ込められた悠二はそこでヘカテーに零時迷子を抜き取られてしまうのでした」「灼眼のシャナSecond第23話危難の胎動」「悠二終了のお知らせ…」「いくら膨大な存在の力があっても零時迷子がなきゃただのトーチでしかないから」「…そうだな。存在の...

(アニメ感想) 灼眼のシャナII 第23話 「危難の胎動」

灼眼のシャナII 第III巻 御崎市に突如現れた、この世のものではない“殻”。その中に悠二の存在を感じたシャナだが、マージョリーの自在式だけでなく、ヴィルヘルミナのリボンですらその殻には傷一つ付けられない。これほど大掛かりな仕掛けを施せる者とは誰か?シャナ...

灼眼のシャナII 第23話「危難の胎動」

脚本:小林靖子 絵コンテ:渡部高志 演出:神保真昌登・間本敏  作画監督:梶谷光春・尾崎正幸・川上鴨彦・吉田隆彦・加藤万由子・のりみそのみ・清水勝祐  総作画監督:藤井昌宏 突如現れた”能登巫女”ヘカテーにより、悠二の中から抜き取られた&rdq...
べっ子さんの日頃 2008/03/21 18:53

灼眼のシャナ? 第23話 「危機の胎動」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ  “僕がやる事はただ1つだ    零時迷子を取り戻す・・・・それが出来なくても    シャナが来るまで出来るだけの事はやっておくんだ”  シャナ?も最終局面へ。  “頂の座”ヘカテーによって零時迷子を抜き取られてしまった
独り言の日記 2008/03/21 19:56

灼眼のシャナ?第23話「危難の胎動」感想

灼眼のシャナ?(Second)第23話「危難の胎動」感想 灼眼のシャナII 第I巻 【初回限定版】(2008/01/25)釘宮理恵商品詳細を見る ========...
猫子包の想う日々 2008/03/21 20:09

灼眼のシャナ2 第23話「危難の胎動」

すぅべてが計!画!どぉぉぉぉぉぉりぃ!!準備がパァァーフェクトなら進行もパァァーフェクトなのは順当当然全然、オォォォラァァァイ!!!しかし、それゆえに、ワキワキ沸き立つ興奮はあぁぁぁりませんがぁ!熱狂と、感激を叫ぶエェェェェキサイティングな実験は、こぉ...
翠蛇の沼 2008/03/21 21:36

灼眼のシャナ〓 第23話

 巨大な殻のような結界の中で“頂の座”ヘカテーからミステスとしての証である“零時迷子”を抜き取られてしまった悠二。  坂井悠二・・・存在の力が大きいトーチ(確認  第23話 危難の胎動  緊迫してどうなるのかと思いきや、空気読めない教授のタ━(ノ
アミューズエイド 2008/03/21 21:57

灼眼のシャナII 第23話「危難の胎動」

うぅ~む、原作未読のためか、バル・マスケ陣が一体何をしようとしているのか、さっぱり分からぬ・・・。 要は、大事そうに保管中の銀の鎧に...
のほほんホビー 2008/03/21 22:34

灼眼のシャナ〓 23話

危難の胎動 零時迷子をとられた悠二。時計塔を中心に巨大な結界が辺りを覆う。ヘカテーは抜き取った零時迷子を時計塔の中心に注入、どうやったのかよくわからないけど中に投入されていた鎧の片目に。全てが計画通りと教授。順当に行けば順当に計画は遂...
自己満足 2008/03/22 03:34

灼眼のシャナ? 第23話 「危難の胎動」

静なる夜どころか、とんでもない災厄の夜になってきました。 突如現れたヘカテーに零時迷子を奪われた悠二。 そして御崎市を覆うこの世のも...

灼眼のシャナ第23話「危難の胎動」

 サブラクを撃退したシャナ達。しかしバル・マスケでは「暴君」と呼ばれる、新たな徒が 誕生させる準備が着々と整い、生きていたサブラクは仕事を終え立ち去った。季節は移り クリスマスの季節。父親の貫太郎が御崎市に戻り、千草に新たな命が宿った事実を悠二に 告げ...

灼眼のシャナ2 第23話 「危難の胎動」

ヘカテー登場&零時迷子強奪で緊迫感が倍々増!な灼眼のシャナ2。 この後半にかけての盛り上がりはスバラシイ。 ・・・放映終了直後、感情のままに書いた記事消えちゃったよ(涙)。 ま、見直して分かった部分もあったので却って良かったのかもしれんけど。
風庫~カゼクラ~ 2008/03/22 17:14

灼眼のシャナII 「危難の胎動」

灼眼のシャナII 「危難の胎動」です。 さてさて大詰めだというのに、どどんと出遅れました。隙を見つけて記事を投稿です。 色々整理が大変そうな内容でしたが、よそ様の状況はどうなのでしょうか? ということで、灼眼のシャナII第23話です。 あらすじ: 『...
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。