上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回は年明けから生徒会選挙までのお話。
久々にストーリーが前進している感が(ようやく)しっかりと出てました。








マリア様がみてる (仮面のアクトレス) マリア様がみてる (仮面のアクトレス)
今野 緒雪

集英社 2006-06-30
売り上げランキング : 40

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「黄薔薇真剣勝負」
由乃視点からの語りは軽快かつ素直というかまっすぐで毎度見てて楽しいなぁ、と。
自転車と剣道の奈々vs令の話で成り立っているわけだけれども、最後にああいう落とし方でくると、ベタっちゃベタなのにぐっと来てしまうのは何故でしょうか。
総じて令が非常にかっこよく、いいおに……いえ、お姉様に見えてきましたよ。
それはそれで何か寂しい気もします。
嗚呼、頭にパンケーキのカスを付けてうなだれていた「へた令ちゃん」は一体どこへ行ってしまったのか!



さて、主題は由乃・妹作りと令・妹離れのエピソード。新興勢力『奈々』が大きく由乃の心を揺さぶります。
黄薔薇さんちは第2巻『黄薔薇革命』以後、長らく令・由乃コンビで安定していたためもあって、紅薔薇以上に妹が作りにくかろうと思っていたのだけど、割合すんなり奈々が定着しそうな勢い。って言うか、もう当確かな?

イケイケの姉に冷静なツッコミと言えば旧新聞部の姉妹ですが、あれはストーリーを上手く転がす脇役としてこれ以上なくしっくり来るように出来ていました。
それと同系統であるはずの、少なくともノリとしてはそれに近い由乃・奈々ですが、メインキャラとしては由乃の心情の変化が捉えにくいと言うか、あの様な心情にまで辿り着くのが唐突に思えるのが今回の問題点。
そもそも出会いからして唐突なわけですが、それはどの姉妹も共通な物ですから、仕方ありません。しかしそれ以降、令のお見合い事件くらいしかエピソードが無かったため、そこまでの積み重ねが余りにも少なく、余計に違和感を感じてしまったわけです。
そうすると紅薔薇さんや、白薔薇さんところと比べて何か損をしてるなぁ、なんて感じなくもないわけで。(特に白薔薇ってかなり優遇されてるなぁ)
後、ここまで乃梨子や祐巳の時のように奈々視点で書かれた事が無いから全く心情がつかめない。
コレは視点を由乃縛りにすることによって、由乃から見たよく分からない妹(候補)との関係ってのを見せようとしているのだと予想。妹への対応の大先輩として志摩子がいますが、彼女は達観してる&完成しすぎているがため、あんまり参考になりませんからね。割合、普通の姉妹という関係を由乃あたりに演じてもらう作戦でしょうか。

もしくは、もう奈々の中身を書く予定はない=現薔薇様卒業&祐巳・瞳子問題の決着でシリーズ終了、の伏線でしょうか……
取りあえず、黄薔薇さんちはもう一本くらいで完全に決着しそうな構えアリとして、続刊を待ちましょう。
追記:読み直したら自転車のエピソードは最後の『破損→買い換え』の辺りで二人の関係が新しい物を暗喩してたんだと、再発見。うーむ、甘かったか。



「仮面のアクトレス」
今巻の副題にもなってるこれ。
誰のことを差してるかは、発売前から言うまでもなく瞳子さん。
でも内容的に瞳子云々よりも2年生3人組の絆の再確認の方が読者の目を引いていた様な気がしますよ。
それもこれも志摩子のあらゆる局面での的確さといいますか、3人の中で一番人間が出来てる、むしろ出来すぎてる程の対応で二人を翻弄してくれてます。


さて、本題である『祐巳・瞳子の姉妹問題』をメインに盛り上げる場としての生徒会選挙。
これだけイベントがあればもう決着が付いても良いはずなのに!と思わせるような悶々ぶりです。
結果はまあ、言うまでもなくなのですが、瞳子が何故、わざわざこの選挙に打って出たのか、今巻のキモでしょう。
それが分からず祐巳達は大騒ぎや葛藤をしていたわけですが……
瞳子は祐巳にだけは負けることを許した、と言う見方でいいのかな?
活動中の色々に関しては決して挫けなかった、むしろ相手を圧倒していた観すらある彼女ですが、選挙結果だけはあっさりと受け入れておりました。
拒否したってどうになる結果ではありませんが、あそこで『祐巳に負ける』ことで彼女は決着を着けたかったように思えます。

正直瞳子の抱えてる問題(進路関係で親とケンカなんだろうけど)がどれ程影響を与えているのかが読み取りにくくて、何とも言えないのですがこの一件は彼女なりの決別宣言と取るのが自然でしょう。
何故そんなことを、と問われると彼女が祐巳を受け入れない理由と直結するのでしょう、が、これがごめんなさい読みきれませんorz
続刊、おそらくバレンタインの話になると思いますが瞳子の仮面を落としきれないまま引っ張るのは辛いなぁ('A`)


後、薔薇様方はほとんど空気です、もう彼女たちの役割は終わりつつあると言うことでしょうかねぇ。
それぞれの問題もほとんど解決してしまってるわけですし、仕方ないと言えば仕方ないのですが。

しかし、この流れだとやっぱり新生山百合会編があるかどうかは微妙な感じがする……なんて。

スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。