上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎期毎期ハズレが少ないと評判の金曜日。
以前のログを見てくれれば分かるようにシムーンも丁度去年の今頃やってたアニメですな。
そのシムーンのキャラデザにして作画のAS姐こと西田亜沙子さんが作画総監督をやってる『桃華月憚』
OA1話が本編最終話という背面投球ばりの構成をやってるコレはアニ関で評価まっぷたつ(化けたか化けてないかについて)
だがしかし、そんな対立する皆を一つにまとめる展開、それは『エロ』
3話でママと桃香ちゃんの濡れ場をやってから、住人が求める意志は一つに統一されたように思える今日この頃です。
あはははー

もー本当に自重しない!

今回は前回の超展開にどう繋げるかと思えば、いきなり三者同衾、3Pですよ!?
あのBGMがかかると期待していいんでしょうか、いいんでしょう。青少年のエロスを刺激するBGMですよ、これは!
ああもうホントスタッフは自重しない。
ママがエロイのは当然としても桃花のエロ展開は中々おいしいところが……
遊び納め

後半はスケート。
ここでも悲喜こもごも、キャッキャウフフの世界と報われない人と超絶スピンのママさん。
ジュナ@ママン?ママン@ジュナ?

しかし、最後はジュナ@ママ覚醒でひぐらし展開……って怖っ!?
これで次の地下空洞でのバトルに繋がっていくわけですか。

今回は次回(時系列上では前回)とぶつ切りになってる始まり方だったので次はまた別パートのお話でしょうか。
何にせよ、見逃すわけにはいかないと思えるアニメなんじゃないでしょうか(性的な意味で

今日のパル彦

スポンサーサイト

テーマ : 桃華月憚 - ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。