上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
わーい、久しぶりのライトノベルの記事ですよー。
ここ本来はコレの紹介のために立ち上げたような気がしなくもないんですが、最近はとんとラノベを読む暇があったり無かったり、いや単にさぼってただけですけど(´・ω・`)

この一年でライトノベルを取り巻く事情は大きく変化したのでしょうか。
何をおいてもまずはやはり「涼宮ハルヒの憂鬱」の大ヒット。その影響でラノベ人口が急激に上昇したかに見えたのですが、実際はハルヒ人口だけが爆発的に伸びただけであって、谷川流読者がそこそこ増で、ラノベ界隈自体は以前とそんなに変わらないという感触が実際のところ。
だがしかし、その後もライトノベルのアニメ化は止まりませんでした。
ゼロの使い魔、NHKへようこそ、護君に女神の祝福をetcetc、アニ関でも話題になった作品が結構あるんじゃないかと思います。今では毎期数本のラノベがアニメ化されるのが常態化。それにともないラノベへ流れてくる人の数も安定的に伸びてきているのではないだろうか、とラ板を眺めてて思ったりしてるわけです。

実際どれだけの人がアニメから興味を持ってラノベ界隈に流入してきているのか、またその人達はアニメになっているもの以外読んでるのか、とツッコミが入るところが多々あるわけですが、まあ実感としての感触なんで漠然とした感想しか書けません。
各出版社が持ってるマーケティングのデータとか見てみたい気はしませんか?

断章のグリム<5> 赤ずきん・上  断章のグリム<5> 赤ずきん・上 
甲田 学人 (2007/07)
メディアワークス

この商品の詳細を見る

さてこの長くてかつ中身のほとんど無い前振りは丁度1年前を思い出すためのものでございます。
丁度去年の7月に買ったラノベがこれ「断章のグリム」の2巻だったわけですね。
甲田ホラー、甲田メルへェン、そして甲田グロテクスクと、キャッチフレーズを勝手に色々付けられるこのシリーズ。
順調に巻を重ね、今月出たのは5巻目「赤ずきん・上」。
前回のレビューは2巻「ヘンゼルとグレーテル」なのですが、それと比べると今巻はずいぶん大人しいような印象を受けました。本来のホラー成分が高められてるためか、薄気味悪さは割り増し気味です。Missingで言えば「首くくりの物語」系統のお話になるでしょうか。
全編にわたって見えないところで世界がおかしくなっていく様が、それに襲われる登場人物達の視点を通して伝わってきて……痛々しい(肉体的に)表現は抑えめですが、じっとりとした嫌な感触が背中に残る展開です。(ただし、ここでの「抑えめ」とは甲田作品基準での話であって、いたいいたいやめてやめて)

粛々と悪夢が現実を侵してる上巻、一気に伏線を解消して報われない結末が導かれる下巻。
前巻にあたる「人魚姫」はこの形式にガッチリはまった上、甲田作品の中で久しぶりにスマッシュヒットと言える出来で本当に精神的にも肉体的にも辛くて悲しい展開だったわけですが、今巻がその完成度に達しているかと言われれば、今のところ一歩足りないと言わざるを得ません。
下巻の展開次第ではその域に達することが出来るのかどうか、楽しみに待つことにしましょう。

ちなみに、もし暇があれば「人魚姫」は読むことをお勧めします。このシリーズの中でも抜きんでた作品であることは疑いの余地がありません。
たった一行であそこまでダメージを食らうとは思いもよらなかった……
断章のグリム〈3〉人魚姫・上 断章のグリム〈3〉人魚姫・上
甲田 学人 (2006/12)
メディアワークス

この商品の詳細を見る
断章のグリム(4) 人魚姫・下 断章のグリム(4) 人魚姫・下
甲田 学人 (2007/03)
メディアワークス

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

断章のグリム(5)

断章のグリム 5posted with 簡単リンクくん at 2007. 7.13甲田 学人〔著〕メディアワークス (2007.7)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 上下巻構成の上巻なのでストーリー的な展開はおとなしめ。 まだまだ前振りですね。 今回は赤ずき
Alles ist im Wandel 2007/07/14 02:15
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。